豪華客船「クアンタム・オブ・ザ・シーズ」に招待して頂きました

現在、世界で2番目に大きい大型クルーズ船「クアンタム・オブ・ザ・シーズ」の船内見学会に国際港湾振興課から当園が招待されました。

船は今朝2月10日(土)八代港に入港し、乗船者の方々が50人乗りバス120台に分乗して船外の見学に出掛けられた時間の13時~15時の間、八代ナザレ園からは小学生と職員、そして10名ほどのクルーズサポーターの方という少人数のメンバーでした。

乗船(そこは外国)のため、3か所の厳しい検閲を受けた後、案内の方の詳しい説明を受けながら船内を隈なく見学させて頂きました。

クルーズ船は全長347,8m、高さ16階建て、乗船人数4,905人、部屋数4,090室。カジノのホールを始め各階に様々な娯楽のホールがありました。

 

新型船として備えたものが、スカイダイビング。

高さ300フイートまで高く昇り海を360度眺める事の出来る透明のカプセル室。

ロボットの自動カクテルサービス。(これは実演を見たかったです・・)

数ある免税店は船が停泊中はオープン出来ないとの事で高級ブランドの品々をウインドーショッピングでした。

15階までの見事な吹き抜けホールがあり、それを上階の15階の廊下からせり出た階段ホールの透明の床から下を見る事が出来ました。(高度恐怖症の人は足を踏み込めませんでした。)

今回のご招待は八代港湾の観光促進事業としての取り組みの実態を広くアピールしていく為の最初の試みの企画だったようです。

子ども達そして職員も、生涯乗船する機会はないであろうと思われる「大型クルーズ船」の醍醐味をそれぞれ充分に味わってきました。

楽しい思い出として残るご招待でした。本当に感謝感激です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です