ツアーご招待交流会で人吉へ

10月13日(土)朝8時30分、秋晴れのもと、八代ナザレ園の子ども職員は、人吉の音楽事務所主催の「ツアーご招待交流会」に出席の為、ホテルお迎えの2台のバスに乗り人吉へ出かけました。

行きは八代から人吉まで「日本三大急流」の一つ、球磨川沿いの県道で行き、帰りは24カ所のトンネルをくぐる高速で帰園しました。(確かに早いです。)ご招待の企画は盛り沢山でした。

まずは、「石野公園」に立ち寄り「きじうま」の絵付け、向かいの建物のお茶室で「お抹茶」を頂き、お花活けをして、昼食会場のホテルへ向かいました。

当園の子ども達との「カラオケ大会」がメインでしたが、会場には音楽事務所関係者の方が参加されていました。

昼食後、舞台で園の子ども達(幼児、小学生男子、小学生女子)のダンスを披露しました。当園の園遊会の為に練習したものでしたので、子ども達はホテルの舞台で堂々と踊っていました。

その後、メインの「カラオケ大会」で大人の方と5組の対抗試合でしたが、子ども達も負けてはいない立派なものでした。

結果は、なんと、高校生2年生の男児と当園の新人職員が優劣つけがたいという審査員講評をうけ、トロフィーは高校生へ手渡され会場からの拍手を受けました。続いて、やはり子どもと大人の対抗試合のゲームがあり、会は盛り上がりました。

最期は子ども達が楽しみにしていた、かけ流し「天然温泉・露天風呂」に入り、閉会にあたり、全員で宮澤賢治の「雨にも負けず」を朗誦し、トロフィーを貰った男児がお礼の言葉を述べ、沢山のプレゼントを頂いて会場を後にしました。

主催者の先生が閉会のご挨拶で、「初めての試みでしたが、とても素晴らしい交流会でした。」とお話になりました。

当園の子ども達にとっても本当に大満足の一日でした。「異世代交流」は園としても積極的に参加していきたいと思っております。

本当に素晴らしい一日を提供して頂き有難うございました。各家の玄関、個室に世界に一つだけの「自分のきじうま」とお花活けが飾ってあります。感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です