久しぶりの青空

先週から今週と当地は真冬日が続いていますが、今日は朝から日が射し気温は低いのですが、久しぶりの青空となりました。

10時に学習時間が終わると同時に、どこの家からも子ども達が一斉に外に飛び出してきました。

思いっきりブランコをこぐ女の子、大きなお兄ちゃんに遊んでもらう男の子、縄跳びを喜んでいる子、園庭を自由自在に自転車で駆け抜ける男の子、グランドでボールを蹴る子、子どもは本当に元気です。グランドのネットに綺麗に干してあるお布団、寝る時、子ども達はきっと気持ちがいい事でしょう。

休日の園庭は賑やかです。この時はまだ現れていませんが一輪車が得意な女の子、小学生の園内自転車組。ブルーテントを上げて砂場遊びなど外遊びが大好きです。

室内遊びでは、将棋、囲碁、オセロ、けん玉、ルービックキューブ、卓球、トランポリンなどそれぞれ得意な子がいます。

卓球は時々大会をしますが小学生男児で一人強い子がいます。

新年会&ビンゴゲーム大会を開催しました。

1月14日(日)、八代ナザレ園で、遅めの「園児の新年会」と園児にとっての大イベント「ビンゴゲーム大会」をしました。

年間を通していろいろな所から頂いた物品寄付をまとめて、年に数回、クリスマス、新年会、子どもの日などの大きな行事の時に実施します。

景品は大小に関係なく、高価な物、安いものにも関係なく自分が欲しいものを選びますので皆満足しています。
本も沢山いただきますので最後に「クラスじゃんけん」で各家の本棚に持っていきます。

この日は部活の試合等で欠席の子どもがいましたが、他の子どもが責任もってゲームをしていました。
大きい子どもは小さい子どもの面倒をよく見てくれます。

新しい1年をまたみんなで楽しく元気に過ごしていく事が出来るようにと祈っています。

皆様のあたたかいご支援があればこそと心から感謝致しております。

八代ナザレ園のホームページにお越しください♬
y-nazare.org

八代ナザレ園も雪化粧

1月11日の朝、八代ナザレ園の園庭はうっすらと雪化粧でした。2年ぶりの事です。

幼稚園児は登園前のご挨拶の為、それぞれの家から出てきて玄関前に揃いますが、すでに雪だるまを手にしている子もいました。

毎朝、登園の挨拶の時に宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」の詩と当園の子どもの「標語」を朗誦しますが、今日は何と外は「雪景色」です。

「雨ニモ負ケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモ負ケヌ 丈夫ナカラダヲモチ・・」といつになく実感がこもっていました。

3歳の女の子はよほど雪が印象深かったらしく、帰園の挨拶の後にも「園長先生、雪降ったね、雪降ったね・・」と言いつつ、「雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ 雪ニモ夏ノ・・・」と一人で最後まで大きな声で朗誦していました。

子どもにとって「言葉と現象」が一致するという事は物凄いインパクトがあるのだという事を感じました。

八代ナザレ園のホームページにお越しください。
y-nazare.org